優れもの!!? どうですか?

-  |  次の5件 »

もう二度とauは使わない

auitou.jpg

私は誹謗中傷について、あまり言わないように心がけていますが、今回は酷すぎるので、ブログに書くことにしました。

ということですが、酷いのは、あの、携帯会社のauです。


まず、今回、私はauからUQモバイルへ乗り換えたのですが、電話番号をそのまま使うには、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を引き継がせなければならないので、今まで利用していた、auのMNPの手続きする部署へ電話を掛けました。


と言っても、まったくつながりません。

「混み合っているので、そのままお待ち下さい」とアナウンスされますが、平日でも30分〜40分は待たされます。


それは、それで、仕方ないことです。

多くの人が電話を掛けている・・・集中しているので、待たされるのは当然です。


そして、35分ぐらい経ったときにやっとつながったので、MNPの件を話して電話番号、名前など、すべて聞かれたことに応じていたのですが、オペレーターは、解約を引き止めにかかるのですね。


「どうして、他社へ乗り換えるのか?」

「その他社は何の会社か?」

そして、もう少し考えて欲しいと言われました。

私は、35分も待たされたことと、携帯ショップから手続きをするために電話しているのだから、速やかにMNP番号を教えて欲しいと言うと・・・


そんなことお構いなしに、引き留めようとするので、「急いでいるので、早くして欲しい」と申し出たので、ようやく番号を教えていただけると思ったら、「保留にします」と言われました。


私はどういう意味か分からないまま、15分ぐらい待たされたのです。

そして、ようやくMNP番号を聞き出すことが出来ましたが・・・
その番号は間違った番号でした。

これって、明らかに嘘の番号を教えて困らせてやろうと思ったに違いありません。
というのは、私は2回、声を出して復唱をして番号を確認しています。

そして、携帯ショップのスタッフの方も私が声で復唱しているので、メモに記録してくれていました。

その後、ショップのスタッフに乗り換えの手続きをして頂いたのですが、先程述べたように、MNP番号は間違っていたのです。

結局、再度、電話を掛けて30分ぐらい、またつながらず、間違った番号のことを申し出て解決しましたが、明らかに嘘の番号を知らされたことは100%間違いないと確信します。

それは、二度目の電話でつながったauのオペレーターは、保留にすることなど無しで、数秒で確認できたからです。

保留にすることは、こちらが急いでいるので、長く待たせてやろうという魂胆だったのです。
この困ったオペレーターは・・・auの伊藤という女性です。
hoewanko.jpg


もし、あなたが私と同じように、 auから乗り換える時、担当が伊藤だったら、私のように被害に合うかも知れませんので気を付けてくださいね。

・・・と言っても、この人はお客の話しなんて聞かないで質問ばかりする人なので、ダメだと思いますが・・・

そういうことで、私は、二度とauとは契約しません。

auの企業価値を下げているスタッフか派遣か・・下請け社員かは知りませんが、不愉快な思いを久しぶりに経験しました。
─━─━─━─━─━─━
終わりに
─━─━─━─━─━─━
今回2台のiPhoneの乗り換えだったので、しつこく迫られたように思います。
また、MNPの部署は、お客を引き止める部署かもしれませんね。

でも、ソフトバンクやドコモはこれほど、喰い下がることは無かったと思います。
やはり、会社の持っている体質が末端まで反映しているように思います。

それから、平日なのに、どうしてMNPの部署は待たされるのか?
と考えると、1人に付き30分以上解約を引き止めるので、待たされて当たり前だということですね。

私は、もう二度とauは使わないでしょう。
wanko.jpg
ということで・・
今日は、怒りだけのブログになってしまいました。
2018-10-04 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Googleの検索結果は酷い!

aojiru.jpg


8月1日のGoogleアップデートはもう既にご存知ですか?
またまた、Googleの検索エンジンの順位が変動しましたね。

それで、8月1日のGoogleの大変動は、「コアアルゴリズム・アップデート」と言われていますが、これは、根本的なベースとなるアルゴリズムを変更していますね。

そこで、昨年12月6日の健康アップデートがありましたが、どう違うのか?

これについて、いろいろ調べてみましたが、私が思うには、12月6日よりも、より、強化しているように思います。

それで、何が強化しているのか?
ということですが、順位の変動幅が極端に広くなっているのです。

つまり、YMYL(Your Money or Your Life」)と言われている、健康・医学、金融のジャンルは、12月のアップデートよりも、強化されています。

ということで、「青汁」というキーワードで検索してみました。

青汁というキーワードでGoogle検索


そうすると、1ページ目に青汁 - Wikipediaがあるものの、4ぺージ目までは、すべてメーカーサイトとショッピングサイトが埋め尽くしています。

よって、今回のアップデートは有名なショッピングサイトをトップに配置するというアップデートです。

このような、検索順位ですが、Google検索に訪れるユーザーにとって、有益な情報を得られるのか?
私は疑問に思います。

Googleは以前、「内容が同じようなサイトは、上位表示させない」と言っていましたね。

つまり、Googleはオリジナルコンテンツを高く評価するためですが、同じような内容の記事がいくつもあると、上位にするサイトは1つに絞られます。

これは、当然なことだと思います。
例えば、ユーザーがあるキーワード(青汁)で検索すると、1位から10位まで、ショッピングサイトが表示されるとどう思いますか?

購入先を探しているユーザーだったら、良いかもしれませんが・・

でも、購入先を探している人は「青汁 購入」とか、「青汁販売店」などで検索します。
それなのに、「青汁」と言うキーワードでは、ショッピングサイトがズラリとならんで表示されると、検索した意味がないと考え離脱してしまうと思います。

Googleはそのようなことが無いように、1位から10位まで観点の違ったサイトやブログを順位に入れていました。(以前の話ですが)

例えば、「酵素」と検索すると、酵素ダイエット記事、酵素サプリの記事、酵素と年齢の関係や肝臓との関係など、漠然とした酵素に密接な関係があるキーワードや検索数が多い順などを考えて順位を決めていました。

ところが、8月1日以降、ショッピングサイトやニュースサイトが4ページまで埋め尽くされているのはどうか?・・と思うのですが・・

考えてみれば、Googleは国家機関でも無く、ただの企業なので、自社が得になることを優先するということを忘れてはいけないですね。

こんな順位だったら、Bingの検索結果の方がユーザー目線かも?
と思ったりします。

最後にこんな記事もありましたね。
トランプさんも怒っていますよ・・

「トランプ大統領、Googleの検索は“歪んでいる”と怒りのツイート」

https://jp.techcrunch.com/2018/08/29/2018-08-28-trump-rage-tweets-google-alleging-search-bias/
2018-09-08 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パット・メセニー「If I Could」


Pat Metheny - If I Could from floriploiesteanu on Vimeo.


今回は、少しでも気持ちを涼しくさせてくれる曲を紹介します。
その曲は、パット・メセニーの「If I Could」です。

直訳で「私に出来ることであれば」と言う意味のようです。

この曲は、パット・メセニーが1984年に発表した「ファースト・サークル」というアルバムに収められている曲ですが、「in memory of Wes Montgomery」とクレジットされているので、パット・メセニーがウェス・モンゴメリーを追悼した曲だと理解しています。

それで、この曲というか・・・この手の曲は私にとって、非常に弱い曲で・・・
このような、曲が流れると、私はコロッと逝かれてしまいますね。

でも、このような曲が苦手な人は、「眠くなる」といいます・・が・・

深夜にウイスキーを飲みながら、じっくりとこの曲に向き合って聴いていると、真夏の暑さを消してくれます。

ぜひ、あなたも、至福のときに聴いて下さいね。
2018-08-21 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IDやパスワードの管理は「KeePassX」

kp.jpg

ユーザーIDやパスワードの管理はどのようにしていますか?
メモ帳やテキストエディターに列記してディスクトップに置いている・・・

このようにされている方が多いと思いますが・・
ちょっと、危険ですね。

というのは、今は他人のパソコンへ入る輩がいるので、常に稼働しているPCのディスクトップに置くということは、狙われれば盗まれる可能性があります。

まあ、狙われなければセーフと言うことですが、メールで送りつけてくるフィッシング詐欺は毎日のように受信トレイに入っています。

なので、少なくても、ユーザーIDとパスワードだけはきっちりと管理する必要があると思います。

そこで、私は、KeePassXというフリーソフトを使っています。

KeePassXはMac専用ですが、Win用のKeePassも用意されています。

KeePassXは無料のソフトで使い勝手が良い


kpdb.jpg

KeePassXはソフトをダウンロードして使います。
このダウンロードタイプがいいんですね。

つまり、ローカルで動くので、サービスの停止になるということはありません。
また、課金性のパスワード管理ソフトでは無いので、一度セットアップすれば、ずっと使えます。

では、どのようにして使うのかを簡単に説明しますね。
まず、下記よりダウンロードします。
https://www.keepassx.org/downloads

↓winは下記です。↓
https://keepass.info/download.html

そして、他のソフトと同じようにインストールします。
インストールが完了すると、このソフトに入るパスワードを設定します。

つまり、KeePassXを開くためのパスワードが必要だということです。

これは、分かりますよね、クリックで簡単に開くことが出来れば、もしパソコンを盗まれた場合、盗んだ人が見ることが出来てしまいます。

よって、ここだけは、決して忘れないパスワードを設定します。

パスワードの設定が終われば、データベースを作って行きます。
データベースとは、サービス名とID・パスワードです。

ネットバンキングやクレジットカードのIDとパスワード、そして、Twitter、Facebook、自分が管理しているブログや、AppleID、Gメールなど、全てデータベースを作り終えると、これで完成します。

そして、必要な時にKeePassXを開いて、検索窓口にAppleなど、ベータベースに記録しているキーワードをいれるだけですぐに表示してくれます。

KeePassXは、ユーザー名、パスワード、URL、添付ファイル、メモ欄など、さまざまな情報を1つのデータベースに保存出来るので便利です。

keeps.jpg


たとえば、サーバーを借りて、ユーザー情報がメールで届いた場合、添付ファイルで保存するか、そのまま、コピーしてメモに貼り付けるなどしておけば、サーバーのアカウント情報や更新時期を見ることが出来ます。

また、パスワードを変更した場合、必ず、KeePassXのメモ欄に、いついつ変更したと記入しておけば、分かりやすいということですね。

特にAppleIDは、不正アクセスが多いですね。
その際、パスワードを新しいものに変更してくださいと知らされます。

その時、メモ欄に日時を書いて新パスワードを記入しておけば、以前使ったパスワードと区別ができる・・・つまり、パスワードの被りを防ぐことが出来ます。

但し、パスワードを変更して、KeePassXにメモ追加することを忘れないでくださいね。

今後、IDやパスが必要な時は、KeePassXを開く習慣付けをしていれば大丈夫です。
2018-07-04 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全仏オープンテニスで夜更かし

tennis.jpg


最近、夜更かししています。
それは、全仏オープンテニスがテレビ放送されているからです。

惜しくも、大坂なおみ、錦織圭・・・
敗退しましたね。

でも、いろんな選手の戦いを観ていると、多く学ぶことが出来ます。
それは、スポーツと言うよりも、メンタル面ですね。

特に、モンフィスとゴフィンの試合は、考えさせられました。

3セット目で2セットを先取したモンフィスが勝利すると思っていましたが、結果はゴフィンが勝ちましたね。

それも、モンフィスの疲労・・燃料切れのようで・・・
そして、ゴフィンに対してクレームの怒りが・・・

この様子だったら、興奮しているので、モンフィス負けるのでは?
と思っていたら、その予測が的中しましたね。

つまり、やけになると、うまくゆかない結果になるということです。
モンフィスは試合に勝ちたいというより、怒りが先行しているように感じました。

全仏オープンテニスという大舞台でも、いろんなことがありますね。

試合に出るということは、勝つため・・・それだけ集中して望めば、モンフィスは勝っていたと思います。
これが、私にとって毎日夜更かしして得た大切な情報の1つです。

kaisetsu.jpg


それから、WOWOWの解説者ですが、何とかして欲しいですね。
私が気になるのは、ラリーが続いているときも、解説が続けられていることです。

テニスの場合、サーブを打った時点で解説は中断すべきだと思います。

その解説内容は、以前、他の選手の試合のことなど、今の試合とは関係無いことをウダウダしゃべっている・・・解説者のMさん!

また、Sさんも試合中にしゃべっていますね。
まだ、Mさんよりも、内容的にSさんの方がましですが・・・

それから、スポーツアナウンサーも考えていないように思います。

それは、サーブを打つ直前に解説者に意見や質問を投げかけたりするので、解説者は試合中にしゃべってしまうのです。

いずれにしても、試合中にしゃべるのは観ている人の集中を妨げるので、良くないと思います。

でも、さすが、松岡修造さんは試合が始まると、ピタッと喋らなくなるので、わきまえているようですね。

しかし、松岡さんの解説は、抽象的な表現があったりするので分からないことが・・・

このようなことで、私はテレビを副音声にして、解説なしで見るようにしています。

ということで、今回は、少し吠えてみました。

wanko.jpg


わんわん!!

2018-06-04 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 優れもの!!? どうですか? All Rights Reserved.