iPod MA446Jのバッテリーを交換! - 優れもの!!? どうですか?

iPod MA446Jのバッテリーを交換!

iPodvideo30G.jpg


以前(9月17日)、「iPhone卒業してガラホへ」という記事を書きましたが、それはそれで、月々の経費が安くなったこと、その変わりに、2イン1のタブレットPCを買っても、購入代金だけの出費なので、これも、経費節減になっています。

でも、ガラホで音楽は聞けませんね・・
これは、スマホとは違い、ガラホには、ミニUSB端子のみで、専用のイヤホンは装着出来ますが、片耳だけの電話会話のみの(モノラル)仕様です。

よって、昔使っていた、iPodが必要になってきたということです。
と言っても、バッテリーが消耗しているので、電源コードだけでしか聴けません。

そこで、iPodのバッテリーを交換することにしました。
それで、amazonで探してみると、1430円で売っていましたね。

amazon.jpg


私の、iPodは、第5世代だと思うので、「iPod MA446Jのバッテリー」で検索すると、ヒットしたのです。

同じように、「iPod MA446J バッテリー交換」でググると、色んな方が画像入りで交換方法を書いていたので、それを参考にやってみました。

それで、結果的に、交換は無事終わったのですが、ちょっと大変ですね・・・
というのは、iPodの蓋というか・・・パネルの外し方です。

バッテリーを買うと、カバーを外すツールというか・・プラスティックの工具らしきものが付属していますが・・・これって、ほとんど使えません。

また、iPodも一度開けていれば、簡単に付属のツールで開けられると思いますが、一回も開けた事が無い場合は、先端が細めのマイナスドライバーを使って、力任せと言うか、こじ開けなければ無理です。

open.jpg


また、先端が太いマイナスドライバーも使って、少しずつiPodの蓋を開けて行きますが、もちろん、iPodに傷が付きます。

そして、こじ開ける時に、液晶パネルに気をつけなければなりません。

battery.jpg


よって、開け方は、液晶パネル部分は避けて、操作するパネル部分から順にドライバーでこじて、スライドさせて、隙間が見えたら、大きなマイナスドライバーを差し込み、そして、スライドすると言う方法で開けて行きます。

iPodの蓋を開けると、後はバッテリーを交換して、蓋を元通りのようにかぶせるだけなので、簡単です。
今回は、amazonで480mAhのものを購入しましたが、580mAhのものもあります。

2open.jpg


このバッテリーの違いは、580mAhの方が容量が多いと言うことですが、あまり関係無いみたいですね。
また、amazonの商品画像と、実際届いた商品形態が全く違いました。

amazonの商品画像はシュリンクに入ったものですが、届いたものは箱に入ったものです。
しかも、480mAhのものを注文したのに、実際は580mAhのものが届きました。

中国製はよく分からないですね。
でも、使えるものなので、良しとしています。

私と同じバッテリーを探している方は下記にamazonのページへリンクしておきました。
↓iPod Video 第5世代 交換バッテリー↓

iPod video 第5世代 交換バッテリー (480mAh) 電池-531018

新品価格
¥1,430から
(2016/10/26 23:08時点)



2016-10-26 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177426739
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 優れもの!!? どうですか? All Rights Reserved.