IDやパスワードの管理は「KeePassX」 - 優れもの!!? どうですか?

IDやパスワードの管理は「KeePassX」

kp.jpg

ユーザーIDやパスワードの管理はどのようにしていますか?
メモ帳やテキストエディターに列記してディスクトップに置いている・・・

このようにされている方が多いと思いますが・・
ちょっと、危険ですね。

というのは、今は他人のパソコンへ入る輩がいるので、常に稼働しているPCのディスクトップに置くということは、狙われれば盗まれる可能性があります。

まあ、狙われなければセーフと言うことですが、メールで送りつけてくるフィッシング詐欺は毎日のように受信トレイに入っています。

なので、少なくても、ユーザーIDとパスワードだけはきっちりと管理する必要があると思います。

そこで、私は、KeePassXというフリーソフトを使っています。

KeePassXはMac専用ですが、Win用のKeePassも用意されています。

KeePassXは無料のソフトで使い勝手が良い


kpdb.jpg

KeePassXはソフトをダウンロードして使います。
このダウンロードタイプがいいんですね。

つまり、ローカルで動くので、サービスの停止になるということはありません。
また、課金性のパスワード管理ソフトでは無いので、一度セットアップすれば、ずっと使えます。

では、どのようにして使うのかを簡単に説明しますね。
まず、下記よりダウンロードします。
https://www.keepassx.org/downloads

↓winは下記です。↓
https://keepass.info/download.html

そして、他のソフトと同じようにインストールします。
インストールが完了すると、このソフトに入るパスワードを設定します。

つまり、KeePassXを開くためのパスワードが必要だということです。

これは、分かりますよね、クリックで簡単に開くことが出来れば、もしパソコンを盗まれた場合、盗んだ人が見ることが出来てしまいます。

よって、ここだけは、決して忘れないパスワードを設定します。

パスワードの設定が終われば、データベースを作って行きます。
データベースとは、サービス名とID・パスワードです。

ネットバンキングやクレジットカードのIDとパスワード、そして、Twitter、Facebook、自分が管理しているブログや、AppleID、Gメールなど、全てデータベースを作り終えると、これで完成します。

そして、必要な時にKeePassXを開いて、検索窓口にAppleなど、ベータベースに記録しているキーワードをいれるだけですぐに表示してくれます。

KeePassXは、ユーザー名、パスワード、URL、添付ファイル、メモ欄など、さまざまな情報を1つのデータベースに保存出来るので便利です。

keeps.jpg


たとえば、サーバーを借りて、ユーザー情報がメールで届いた場合、添付ファイルで保存するか、そのまま、コピーしてメモに貼り付けるなどしておけば、サーバーのアカウント情報や更新時期を見ることが出来ます。

また、パスワードを変更した場合、必ず、KeePassXのメモ欄に、いついつ変更したと記入しておけば、分かりやすいということですね。

特にAppleIDは、不正アクセスが多いですね。
その際、パスワードを新しいものに変更してくださいと知らされます。

その時、メモ欄に日時を書いて新パスワードを記入しておけば、以前使ったパスワードと区別ができる・・・つまり、パスワードの被りを防ぐことが出来ます。

但し、パスワードを変更して、KeePassXにメモ追加することを忘れないでくださいね。

今後、IDやパスが必要な時は、KeePassXを開く習慣付けをしていれば大丈夫です。
2018-07-04 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183734484
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 優れもの!!? どうですか? All Rights Reserved.