EWIの達人!マイケル・ブレッカー - 優れもの!!? どうですか?

EWIの達人!マイケル・ブレッカー



「Michael Brecker plays EWI 」です。
EWIの魅力は、音源の質がよろしければ、素晴らしい音色を出せて、そして、技術が伴っていれば、生の楽器と同じような表現が出来る優れものです。

この、Michael Brecker plays EWIは、ルーパー(音を重ねることが出来るエフェクター)を使って、一人で、お見事な多重サウンドを聴かせています。

また、同じようなルーパーを使って、EWIを紹介している、Jeff Kashiwaも素晴らしい。



そして、Michael BreckerのEWのライブを紹介します。
「Michael Brecker Group - Upside Downside 」です。



このサウンドはごきげんです。
特にテレキャスのMike SternとMichael Breckerの半音階のユニゾンプレイから、先にMike Sternのディストーションプレー・・これまた、ごきげん・・・!

次に、Michael BreckeがEWIでの、Mike Sternに負けないギターサウンド・・・
ほとんど、病気になるようなプレイ・・・

正確な16分音符が、ジャズ屋さんのフレージングなんで、圧巻されました。
最後におまけで・・・

Mike Sternのライブも半端じゃない音数で勝負しております。
退屈しなければ、立派な、ジャズファンです。



これを観ていると・・スケールの練習のし過ぎではないか?と思わせられます。
気に入ったフレージングをエニイキー(12音階)で練習しているように感じます。
Mike Sternは改めてジャズ屋さんと痛感しました。

Akai Professional.LP ウインド・シンセサイザー EWI4000s【並行輸入品】

新品価格
¥63,460から
(2014/1/29 02:22時点)



2013-12-22 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82948607
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 優れもの!!? どうですか? All Rights Reserved.