優れもの!!? どうですか?

ステージアM35のダッシュボードが異変

line.jpg


最近、気になることが1つあります。
それは、私の車のダッシュボードに線が勝手に出来ていることです。

それも、真っ直ぐな線ではなく、曲線なんですね。
最初、これを発見した時は、もう、1年以上前だと思いますが・・・

「こんなところに、女性の髪の毛が・・・」

と思って、ダッシュボードに触れて見ると、カッターでくり抜くような線というか・・・

溝が出来ていることに気づいたのです。

その後、あまり気にせず今日に至っているのですが・・・
今日、見てみると、線(溝)が3cmぐらい伸びているんですね。

nobiteiru .jpg

この場所って、エアバックが発射するところでは?
「え〜〜、運転中にエアバックが膨らむと・・・どうなる?」

これって、危険じゃあ〜りませんか!
助手席はうちの嫁が座ることが多いし、もし異常作動すると・・

2人揃って事故になる可能性があるかも?

それに、この形ってエアバックがこのような形で割れて、中からエアバックが飛び出して来る仕組みでは?

そこで、とりあえず、日産のお客様相談室へ電話しましたが、今、騒がれているタカタのリコール機種では無いようなので、少し安心しましたが・・・これって、不可解ですね。

とりあえず、日産自動車には連絡を入れているので、何らかの回答がくると思いますが・・・
「運転中にエアバック誤作動!!」

となると、ちょっと大変です。
誰かこころあたりある人、教えて頂きたいですね。
2018-04-16 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆりやんレトリィバァ ザッケローニ

スクリーンショット 2018-03-12 18.52.10.png

最近、私がお笑いでハマっているのが、この人です。

そうです、女性ピン芸人の「ゆりやんレトリィバァ」ですね。

それで、なんで?
ということですが・・・

1)女を捨てて体を張った芸に打ち込んでいる
2)表情だけで、言葉にしている
3)突拍子もない、テンションノートを出してくる

ということですが、あくまで、私が感じていることです。
では、順に紹介しますね。

1)女を捨てて体を張った芸に打ち込んでいる


スクリーンショット 2018-03-12 20.23.08.png

これは、女性というよりも、芸が先行しているように感じますね。
つまり、自然な感じで、それが、笑いにつながるということです。

これって、彼女の持ち味というか・・・
真似することは出来ない特技のようなものだと思います。

この芸に近い女性芸人は・・

友近や森三中の黒沢ですが、ゆりやんは、より自然・・・つまり、観ているお客の感情に入りこんでくるように思います。

つまり、彼女の場合は、表情を示すだけで、次につなげるイメージを与えてくれるのです。

2)表情だけで、言葉にしている


スクリーンショット 2018-03-12 20.36.02.png

これは、先ほど述べた、「表情を示すだけで、次につなげるイメージを与えてくれる」ということですが、言葉やネタを先行させる笑いが少なく、イメージを先行させる笑いが多いと思います。

つまり、ボケをそのまま放置するやり方で、もし相方がいれば真っ先に突っ込みますね。
でも、ゆりあんはピン芸人なので、発した言葉を空間に漂わせているだけです。

その何とも言えない間が笑いにつなげているように思いますね。

3)突拍子もない、テンションノートを出してくる


スクリーンショット 2018-03-12 20.31.38.png

まず、「テンションノート」ということですが、音楽で言われているテンションノートをお笑いのフレーズとしてチョロっと出すというイメージですね。

このテンションとは、緊張という意味がありますが、ゆりやんの場合は、アボイドノートに近いと思います。

つまり、ダイアトニックではなく、ノンダイアトニックなんです。
余計に分からなくなったかな?

アボイドノートは不協和になる・・・つまり、ネタの流れとは全く意味の無い言葉です。

そして、ゆりやんの場合、テンションノートを自ら出すとスベリます。

以前、よくスベっていましたが、このスベリも、何秒後には笑いにつながっているんですね。

笑いにつながるようになったのは、知名度をあげたからですが、この笑いにつながるのは、2)の、「表情だけで言葉にしている」からだと思います。


それで、テンションノートのベストマッチングは、「アメトーーク」などのひな壇でのやり取りで、スベった時に、宮迫が突っ込みを入れる・・・そこで、ゆりあんは、突拍子もない、テンションノートを出してくるんです。

このようなスタイルですが・・・

例えば、2月11日のアメトーークで、ゆりあんは「私はセリーヌディオン のAll By Myselfのサビの部分から涙を出すことが出来ます」
スクリーンショット 2018-03-12 19.01.27.png


と言って、やってみたところ、涙は出ない・・・再度、曲が流れてステージの中央で2度目のチャレンジ・・
2度目も、涙が出ない・・・

そこで、全員からの、どでかいツッコミが!! 
そして、ゆりやんは悔しさを手で表現しましたね。

スクリーンショット 2018-03-12 19.02.42.png


皆はゆりあんの手の動きを見て、「これ何やねん」とツッコミをいれると、「これザッケローニです。」
・・この笑いは、素晴らしく感じましたね。
2018-03-12 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リッツサンド

rttsu01.jpg


2月も終わりですね。
それで、今日は恐ろしき「リッツパワー」を紹介します。

それで、「リッツ」って何?
ということですが、お菓子のリッツです。

ナビスコから販売されているリッツクラッカーですが・・・
「それが何のパワーがあるの?」

そのパワーっですが、トッピングして食べると、すごく美味しい・・・
つまり、パワーアップするんですね。

もちろん、リッツにチーズやチョコをサンドした既成のものが売っていますが、やはり、ノーマルのリッツを買ってきて、トッピングしたり、サンドして食べるのが最高です。

私の場合は、ビールを飲むときは、リッツですね。

そこで、最近、はまっているリッツトッピングは・・・

スライスサラミをリッツでサンドします。

rittsusand.jpg


このような感じですね。

リッツのサンドにピッタリなのが、ナガイのスライスサラミ・・・

息がピッタリというか・・・

おつまみとしては、いい味させてくれます。

今日は、ここまでです。

PS
ところで、前回のブログ記事ですが、YouTube動画が削除されました。

理由は、著作権侵害だそうで、朝日放送から申し立てで削除です。

テレビをキャプチャーしただけですが、ダメみたいですね。

と言っても、YouTubeには多くのテレビ番組を、そのままアップされ続けていますが、どうなのか?

分からないですね。







2018-02-27 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「過ぎるTV」にキャプテン上田が出ていた!



私は千葉に住んでいるので、関西で放送されている「過ぎるTV」は全く知らなかったのですが・・・

どうやら、謎の人・・・キャプテン上田がテレビ出演したとのことで、2018年の初っ端の記事にさせて頂きました。

初っ端と言っても、1ヶ月1記事ですが・・・(汗・・)


それで、キャプテン上田なんて知らない人がほとんどだと思います。

確かに知らないですよね。


変わった人ですけど、一般人なので・・


そこで、まず、記事にさせていただいた理由は、随分昔の記事で「この芸はすごい!

というタイトルで、YouTubeにアップしたことが始まりです。


その動画は下記です。



これを撮影したのが、1997年12月30日なので、20年も前の動画になりますね。

考えてみれば、あのパチカですか・・?


アフリカの楽器のようですが、20年も演っているなんて、これまた凄いですね。

アフリカの楽器とサルサとの組み合わせも凄いというか・・


不自然さが感じられないですね。

キャプテン上田だから不自然差が無いかもですが・・・


さらに、いつもポケットにパチカという楽器を携帯しているのもミュージシャンですね。

とりあえず、20年前の動画と見比べて頂けばストレス解消にもなると思います。


今年は、このキャプテン上田さんの元気を頂いて乗り切ろうと思います。
2018-01-25 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

amazonプライム 詐欺まがいの商法

amazon box.jpg

久しぶりに引っかかってしまいました。

それは、amazonプライム詐欺です。
amazonプライム詐欺とは、商品を購入するためにクリックして確定まで進んで行きますが、流れでプライム登録ボタンを押してしまって、知らないうちに有料会員にさせられると言う詐欺商法です。

年末になると、何かとamazonで買ってしまうのですが、今回で2度目です。
以前は、随分前なので、いつ頃か、覚えていませんが、確か年会費だったので、3900円取られてしまった記憶があります。

そして、今回、同じ手口で月400円騙されたと言うことですが、結論からお話すると、400円は戻ってきました。
なので、amazonプライムの詐欺にあったのですが、戻すことが出来たと言うことです。
そんなことって、当たり前のお話だと思いますが・・・

それで、あなたも、ついクリックして、月に400円の詐欺にあっているのではないかと思い、シェアする目的で記事にしました。

amazon1.jpg


上の画像は、amazonで商品を購入する前に表示されますが、ここで、右の黄色ボタンを流れで押してしまうのですね。

そこで、黄色のボタンの左側に小さなブルーの文字をクリックすれば正解です。
つまり、詐欺に合わないと言うことですね。

そして、左側の小さなブルーの文字には、「無料のお急ぎ便を使わないで注文を続ける」と書いてあります。

「無料のお急ぎ便を使わないで注文を続ける」と言うことは、有料なのか?
と疑ってしまいますよね。

意味は分かりますが、あえて押させないように仕組んでいるのです。

普通に「通常便はこちら」でいいと思いますが・・・
それを書くと登録数が減るからです。

また、右の黄色いボタン・・・次に進む(登録する)をクリックすると、普通の注文になるように勘違いをしてしまう人もいらっしゃると思います。

そして、クリックします。

ここが詐欺師のテクニックなんですね。

右の黄色いボタンには、次に進むの文字の横に、登録すると言う文字を入れています・・

このあたりも「詐欺ではありませんよ」と言いたいのでしょう。

でも、ここをすり抜けて、「無料のお急ぎ便を使わないで注文を続ける」をクリックしたあと・・・

更に、2つ目のトリックが仕掛けられているのです。

それが、次の画面になりますが、配送オプションと言う項目があります。
それは・・・

1)通常配送 ※コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いの場合は、通常配送を選択してください。

2)お急ぎ便 明日 2017/12/11 月曜日 に お届けします

3)お届け日時指定便


この3つのチェックボックスがあります。

これの解釈ですが・・・

1)「通常配送」をチェックすると、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いでしか取り扱っていないように思いますよね。
クレジットカードの文字がありません。

そして・・
2)「お急ぎ便」は、具体的に届く日が指定しているので、チェックを入れる方がおられると思います。

3)お届け日時指定便
日時が指定できると言うことはいいですね。

ここで注意が必要です。

2)と3)はプライム会員に登録すると無料ですが、通常購入でチェックすると、有料になります。

その詳細を知るには、小さく(詳細)と書かれた文字をクリックしなければ表示されない仕組みが施されています。

このように、二重、三重に誘導される仕組みが出来上がっている、amazonプライムは立派な詐欺だとしかいいようがありません。

そして、購入者は何ヶ月か先に銀行通帳の詳細を見てamazonプライム400円・・・?
「何か買ったのかな?」・・・

400円は少額なのでスルーしてしまいます。
それが、amazonの手口です。

それから、400円と言う金額も考えてられていて、クレームを申し出る人も少ないと思います。

amazonプライムはうまく出来ていると思いませんか?

それから、たとえ、間違って登録した人に確認メールを送信するのが常識だと思うのですが、そのようなメールは一切送信されません。

まさに、最初からクリック詐欺を狙った犯行なので、許されるものではないと思います。

amazonから返金させるには


amazonプライム詐欺から返金させるには、クレームを送る事ことです。

私の場合は、2度目だったことと、相変わらず、許せない誘導テクニックだったので、金額関係なくクレームを申し立てました。
それが、下記です。

amazo2.jpg


すると、その翌日に・・・
メールが届きました。

amazon02.jpg


これって、返金します。
と言うことですが、クレームを出さないと返金してくれないと言うことですね。
wanko.jpg

amazon側は最初からクレームがあれば、返金に応じるように決められているように思います。
これって、許されるのかな?

私は、amazonは、まともな商売では無いと思いますが、あなたはどう思われますか?
と言うことで、今日は、久しぶりにワンワンと吠えまくりました。
2017-12-10 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 優れもの!!? どうですか? All Rights Reserved.